米倉涼子ら美女軍団に加え釜本氏も…オスカーの緻密な戦略

公開日:  更新日:

 看板タレントの上戸が産休に入れば所属事務所のオスカープロモーションにとって痛手となるのは確かだが、すでに先を見据えた戦略は着実に進行しているという。

 オスカープロは古賀誠一社長(73)が1970年に創業し、モデルエージェンシーとしてスタート。その後、タレントマネジメント事業に参入し、後藤久美子の成功を機に全日本国民的美少女コンテストを設立。米倉涼子(顔写真)、菊川怜、上戸彩、武井咲、剛力彩芽らが育ち、今では芸能界屈指の大手プロダクションに成長した。

 ここ数年は女性だけでなく、俳優やお笑い部門にも力を入れていて、陣内孝則、今井雅之、田中健、島田洋七らも所属。そして、最近は新たなジャンルとしてスポーツ界への参入が話題になっている。その嚆矢がメキシコ五輪銅メダリストで、日本サッカー界最強ストライカーと呼ばれる釜本邦茂氏(70)の加入だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る