ヤンキードラマで「日曜夜」に攻め仕掛ける日テレの“勝算”

公開日:  更新日:

【連載コラム 桧山珠美のあれもこれも言わせて】

 春の新番組もほぼ出尽くしたが、全体的にパッとしないというのが正直なところ。今、見ておかなければすぐに消えてしまいそうな、こと座流星群(?)みたいな番組が多い。変えたらいいってもんじゃない気もする。

 そんな中、昨年、年間視聴率3冠を達成した日本テレビの今回の番組改編率は全日5.6%、ゴールデン6.2%、プライム10.4%とかなり少ない。フジテレビの改編率が全日36.6%、ゴールデン43.8%、プライム42.9%だから、その差は歴然。フジはまさに総取っ換え、当たって砕けろ状態。実際、砕けまくっているけど……。

 ただ、日テレは今回の改編で唯一、大きな賭けに出た。日曜夜ドラマ枠の新設だ。

 日曜夕方からの日テレといえば、他局もうらやむ強豪番組揃い。「笑点」に始まり、「真相報道バンキシャ!」「ザ!鉄腕DASH!!」「世界の果てまでイッテQ!」「行列のできる法律相談所」「おしゃれイズム」「有吉反省会」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」と人気番組が目白押し、まさに鉄壁の布陣。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る