童顔に“秘密”アリ…きゃりーが美容法を一変「10代とは違う」

公開日: 更新日:

 独創的なファッションと、童顔で愛らしいルックスがトレードマークの歌手・きゃりーぱみゅぱみゅ(22)。二次元キャラのような顔立ちで“加齢”とは無縁にも見えるが、やはりその容姿をキープするために、それなりの努力をしているようだ。

 9日、新型液晶テレビ「AQUOS 4K」のプロモーション記者発表会に出席したきゃりーは、司会から肌の透明感をホメられると、「この時期は日焼け止めを塗って外に出たり、帽子をかぶったり、日焼け対策はしっかりしています」と夏のお手入れ方法を紹介。また「最近は顔をパックをするようになったり、お風呂上がりにボディクリームを塗ったりしています。十代のころは全然やっていなかったこととかも、少し気になってやり始めました」と、美意識の変化を明かした。

 近ごろは、夏フェスや秋から始まるツアーに向け、ダイエットを兼ねた体力づくりのためにジムに通っているといい、「食事も制限しながら筋肉をつけるというのをやっていて、いい感じに体力ついてきてるんじゃないかな」「ささみとかプロテインとか、マッチョな方がやるようなやつを食べています。メラメラしますね」とストイックに取り組んでいる様子。食事は、ジムで決められたメニューに従って食べているとのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る