童顔に“秘密”アリ…きゃりーが美容法を一変「10代とは違う」

公開日: 更新日:

 独創的なファッションと、童顔で愛らしいルックスがトレードマークの歌手・きゃりーぱみゅぱみゅ(22)。二次元キャラのような顔立ちで“加齢”とは無縁にも見えるが、やはりその容姿をキープするために、それなりの努力をしているようだ。

 9日、新型液晶テレビ「AQUOS 4K」のプロモーション記者発表会に出席したきゃりーは、司会から肌の透明感をホメられると、「この時期は日焼け止めを塗って外に出たり、帽子をかぶったり、日焼け対策はしっかりしています」と夏のお手入れ方法を紹介。また「最近は顔をパックをするようになったり、お風呂上がりにボディクリームを塗ったりしています。十代のころは全然やっていなかったこととかも、少し気になってやり始めました」と、美意識の変化を明かした。

 近ごろは、夏フェスや秋から始まるツアーに向け、ダイエットを兼ねた体力づくりのためにジムに通っているといい、「食事も制限しながら筋肉をつけるというのをやっていて、いい感じに体力ついてきてるんじゃないかな」「ささみとかプロテインとか、マッチョな方がやるようなやつを食べています。メラメラしますね」とストイックに取り組んでいる様子。食事は、ジムで決められたメニューに従って食べているとのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る