童顔に“秘密”アリ…きゃりーが美容法を一変「10代とは違う」

公開日:  更新日:

 独創的なファッションと、童顔で愛らしいルックスがトレードマークの歌手・きゃりーぱみゅぱみゅ(22)。二次元キャラのような顔立ちで“加齢”とは無縁にも見えるが、やはりその容姿をキープするために、それなりの努力をしているようだ。

 9日、新型液晶テレビ「AQUOS 4K」のプロモーション記者発表会に出席したきゃりーは、司会から肌の透明感をホメられると、「この時期は日焼け止めを塗って外に出たり、帽子をかぶったり、日焼け対策はしっかりしています」と夏のお手入れ方法を紹介。また「最近は顔をパックをするようになったり、お風呂上がりにボディクリームを塗ったりしています。十代のころは全然やっていなかったこととかも、少し気になってやり始めました」と、美意識の変化を明かした。

 近ごろは、夏フェスや秋から始まるツアーに向け、ダイエットを兼ねた体力づくりのためにジムに通っているといい、「食事も制限しながら筋肉をつけるというのをやっていて、いい感じに体力ついてきてるんじゃないかな」「ささみとかプロテインとか、マッチョな方がやるようなやつを食べています。メラメラしますね」とストイックに取り組んでいる様子。食事は、ジムで決められたメニューに従って食べているとのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る