「貼」の字を書けず…林修先生の“今でしょ!”ブームも終焉か

公開日:  更新日:

 予備校「東進ハイスクール」で現代文講師を務め、「今でしょ!」でおなじみの林修(49)。13年に「今でしょ!」が流行語大賞を受賞してから2年が経った現在も6本のレギュラー番組を持っているが、そんな「知識人」「雑学王」としての地位が崩壊しつつある。

 きっかけは3日放送の「ネプリーグ」(フジテレビ系)で「貼る」という漢字の書き取りクイズで「巾」に「占」という字を書いて不正解。「分かった人?」と聞かれ、ゲスト出演の女子バレーボール全日本メンバーで19歳の古賀紗理那が正解を答える中、林は茫然自失。20歳の宮下遥にも「私でも分かったわ」とツッコまれる始末だった。

 林の“学力低下”には予兆があった。今年4月に放送された「林先生が驚く初耳学」(TBS系)では「葡萄」という漢字が書けなかったのだ。この時は自身のブログで「最近、本当に漢字が書けなくなっているんですよ。パソコンばかり使っている弊害でしょうか」とつづり、「大学入試は、常用漢字しか出ないので問題ありませんが、それ以外も昔はすらすら書けたのにというのが多すぎます。『葡萄』なんて、昔は楽勝だったのになあ」と続けたが、「貼」は常用漢字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る