渡哲也は病を乗り越え11月復帰 「新人発掘」で次世代託す

公開日: 更新日:

「渡さんは痛みを我慢していたけど、どうにも耐えられず病院へかかったそうです。なので、すでに危険な状態だった。カテーテルをいれる手術が幸いうまくいき、後遺症はないそうですが、まだまだストレッチなどのリハビリに専念する日々。11月までにはだいぶ体力も回復するのでしょうが、もう73歳。無理はしないでほしいですね」(芸能ライター)

■夫人がリハビリに付き添い

 渡にはこれまでも何度も病に見舞われ、闘ってきた過去がある。

 72年、「忍法かげろう斬り」(フジテレビ系)の主演を務めていたが、胸膜炎で途中降板。弟の渡瀬恒彦が後を継いだ。74年にはNHKの大河ドラマ「勝海舟」の主役に抜擢されたものの、急性肝炎でまたも無念の途中降板。約9カ月にもわたる長期の入院生活を送った。さらに、翌75年には膠原病で倒れた。当時、東映が渡を大々的に売り出す計画だったが、実現することなく終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る