<不快指数MAX>のレビューも 「野火」が伝える戦争のリアル

公開日:  更新日:

<観客に希望なんか与えなくていい! 殺気と絶望しかない世界!>
<ほぼ不快感MAX これが狙いなの?>

 そんなレビューが並んでいるのは、大岡昇平の小説を「鉄男」で知られる塚本晋也監督(写真)が映画化した「野火」。

 レイテ島の原野を飢餓状態でさまよう兵士が、軍に見放され、同士打ちを繰り広げる戦争のリアル。兵士の屍(しかばね)の腹からウジがあふれ出るシーンなど、「永遠の0」といった昨今の邦画とは明らかに一線を画す内容が話題なのだ。

 映画監督の犬童一心は東京新聞のコラムでこう書いている。

「戦争映画の役割は大きく二つある。戦争による喪失を実感とともに情緒に訴える。もう一つは、戦場という理不尽な場所の追体験。その無慈悲な暴力、非人間性をシズル感を伴って伝える。『野火』はその二つ目に力を入れる」

 あの敗戦から70年、松竹の大作「日本のいちばん長い日」などが公開されるが、今求められているのは「野火」かも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る