<不快指数MAX>のレビューも 「野火」が伝える戦争のリアル

公開日: 更新日:

<観客に希望なんか与えなくていい! 殺気と絶望しかない世界!>
<ほぼ不快感MAX これが狙いなの?>

 そんなレビューが並んでいるのは、大岡昇平の小説を「鉄男」で知られる塚本晋也監督(写真)が映画化した「野火」。

 レイテ島の原野を飢餓状態でさまよう兵士が、軍に見放され、同士打ちを繰り広げる戦争のリアル。兵士の屍(しかばね)の腹からウジがあふれ出るシーンなど、「永遠の0」といった昨今の邦画とは明らかに一線を画す内容が話題なのだ。

 映画監督の犬童一心は東京新聞のコラムでこう書いている。

「戦争映画の役割は大きく二つある。戦争による喪失を実感とともに情緒に訴える。もう一つは、戦場という理不尽な場所の追体験。その無慈悲な暴力、非人間性をシズル感を伴って伝える。『野火』はその二つ目に力を入れる」

 あの敗戦から70年、松竹の大作「日本のいちばん長い日」などが公開されるが、今求められているのは「野火」かも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  5. 5

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  11. 10

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

もっと見る