アラフィフ男優が活躍 中高年向き“渋連ドラ”増殖の気配

公開日:  更新日:

 7月期の連ドラでは、アラフィフ男優陣が主役の作品が出だし好調だ。

 前クールは日曜21時枠「天皇の料理番」(TBS系)が連ドラのトップだが、同枠の「ナポレオンの村」は“男のお仕事ドラマ”で、初回視聴率12.7%とまずまず。今回は唐沢寿明扮する都庁から派遣された男が限界集落を救う物語だ。

 初回は、いつも閑散としているお祭りを、熱血漢の唐沢が予算たった1万円で秘策を練り、先頭に立って盛り上げるわかりやすいストーリー。“町おこし”というありがちなテーマで、唐沢と住人が打ち解けていく安易な展開になると失速しそうだが、市長役の沢村一樹(写真右)の好演がドラマを底上げしてくれそうだ。

 沢村が「この村をどう思うか」と聞き、唐沢が「すばらしい村だと思ってますけど……」と返すと、沢村はいかにも腹黒そうな表情で「すばらしい? ハッハッハ!」と小バカにする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る