アラフィフ男優が活躍 中高年向き“渋連ドラ”増殖の気配

公開日: 更新日:

 7月期の連ドラでは、アラフィフ男優陣が主役の作品が出だし好調だ。

 前クールは日曜21時枠「天皇の料理番」(TBS系)が連ドラのトップだが、同枠の「ナポレオンの村」は“男のお仕事ドラマ”で、初回視聴率12.7%とまずまず。今回は唐沢寿明扮する都庁から派遣された男が限界集落を救う物語だ。

 初回は、いつも閑散としているお祭りを、熱血漢の唐沢が予算たった1万円で秘策を練り、先頭に立って盛り上げるわかりやすいストーリー。“町おこし”というありがちなテーマで、唐沢と住人が打ち解けていく安易な展開になると失速しそうだが、市長役の沢村一樹(写真右)の好演がドラマを底上げしてくれそうだ。

 沢村が「この村をどう思うか」と聞き、唐沢が「すばらしい村だと思ってますけど……」と返すと、沢村はいかにも腹黒そうな表情で「すばらしい? ハッハッハ!」と小バカにする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る