仲間主演「美女と男子」は日本ドラマの海外進出占う“試金石”

公開日: 更新日:

 企画段階から海外販売を視野に入れ、全20話という異例のボリュームで制作された仲間由紀恵(35)主演のドラマ「美女と男子」(NHK、今年4~8月放送)。日本ドラマの海外進出の今後を占う試金石として業界ではその動向が注目されているが、今のところNHKのもくろみ通りにコトが進んでいるようだ。

 同ドラマの制作統括を担当したNHKの加賀田透エグゼクティブ・プロデューサーが22日、「東京ドラマアウォード2015」の一環で行われたシンポジウムに出席。現在、タイ、台湾、香港、ミャンマーの放送局と契約間近であることを明かした。

 シンポジウムにはタイと韓国で人気ドラマを手がける監督や脚本家らも参加。「美女と男子」の評価やヒットの可能性についてこう語ったのだった。

「ネットでの書き込みを見ているといい反応のものが多い。芸能界を舞台とした、夢に向かったサクセスラブストーリーは韓国でも人気。ただ、女性が男性を育てるのではなく、男性が女性を育てる設定の方がウケるだろう」(韓国の脚本家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  5. 5

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  6. 6

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る