仲間主演「美女と男子」は日本ドラマの海外進出占う“試金石”

公開日:  更新日:

 企画段階から海外販売を視野に入れ、全20話という異例のボリュームで制作された仲間由紀恵(35)主演のドラマ「美女と男子」(NHK、今年4~8月放送)。日本ドラマの海外進出の今後を占う試金石として業界ではその動向が注目されているが、今のところNHKのもくろみ通りにコトが進んでいるようだ。

 同ドラマの制作統括を担当したNHKの加賀田透エグゼクティブ・プロデューサーが22日、「東京ドラマアウォード2015」の一環で行われたシンポジウムに出席。現在、タイ、台湾、香港、ミャンマーの放送局と契約間近であることを明かした。

 シンポジウムにはタイと韓国で人気ドラマを手がける監督や脚本家らも参加。「美女と男子」の評価やヒットの可能性についてこう語ったのだった。

「ネットでの書き込みを見ているといい反応のものが多い。芸能界を舞台とした、夢に向かったサクセスラブストーリーは韓国でも人気。ただ、女性が男性を育てるのではなく、男性が女性を育てる設定の方がウケるだろう」(韓国の脚本家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る