• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西村賢太
著者のコラム一覧
西村賢太作家

 1967年東京都江戸川区生まれ。中卒。07年「暗渠の宿」で野間文芸新人賞、11年「苦役列車」で第144回芥川賞を受賞。近著に「痴者の食卓」などがある。

<第1回>下北沢って町は虫唾が走るんですよ

 私小説作家の西村賢太氏(48)が、「東京者がたり」(講談社刊)を上梓した。ご本人いわく「48年間の半生の中で長らく住んだ懐かしい風景から、胸糞悪いアウェーまで東京を脳内散歩した随筆集です」。テレビやラジオでもお馴染み、“文壇のひねくれ者”が見た東京の姿とは――。

 タイトルは、「東京物語」ではなく「東京者がたり」。一人称の色合いを濃く打ち出したところが私小説作家らしい。もとは「小説現代」で2012年2月から今夏まで連載していたエッセーだ。

「名付け親は坪内祐三さんなんです。12年暮れのある文学賞のパーティーの後、2軒目へ流れた時でしたか。雑談の中で、連載の担当編集が『東京物語』はどうかと提案してくれて。すると、坪内さんがどうせなら『東京者がたり』とひとひねり加えたら? と。僕はタイトルにはこだわるたちでして、これまでの作品は自分で決めていたんですが、とても気に入ったんですね。で、その場は肉まんをつまみに紹興酒で大盛り上がり。一から十まで他人様に考えてもらった初めてのタイトルということもあって、あとがきで触れようと思っていたら、すっかり忘れちゃった。それどころか、あとがき自体も付け忘れてしまって……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る