野坂昭如さんへの愛と献身…暘子夫人が語った介護の日々

公開日: 更新日:

 心不全のため、9日に亡くなった野坂昭如さん(享年85)は、最期の時まで原稿を口述筆記し、現役の作家としての生涯を貫いた。「それができたのは、妻・暘子さんの献身的な介護があって」ともっぱらである。暘子さんは昨夏、日刊ゲンダイで「妻からのラブソング」を5回にわたって連載。

「あの日以降、あれほど飲んでいたお酒をやめ、両切りのショートピースともお別れ。『ライオンなど強い動物は歯を磨かない』からと屁理屈をこねていたのに、食後には必ず口腔ケアでうがいをしています」などと、2003年に脳梗塞で倒れてからの日々を赤裸々に語っている。

 たとえば寝たきりにさせないよう、椅子に座って立ち上がるという動作を繰り返すリハビリ。パンツの着替えすら自分でやろうとしない野坂さんがしぶしぶ立ち上がるときは鬼軍曹となり、「敬礼! 野坂2等兵、声が小さい!」と一喝。すると背筋がピンと伸び、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る