• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金銭授受報道の甘利大臣にもゲス極“川谷の呪い”と話題

 1月21日発売の週刊文春で金銭スキャンダルを報じられた甘利明・経済再生相(66)。その甘利大臣についてネット上で、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)の“呪い”にやられてしまったとの声が相次いでいる。

 ベッキー(31)との不倫スキャンダルで世間を騒がせている川谷だが、騒動発生以降、妙な指摘がネット上で発生。川谷に楽曲を提供されたことがあるSMAPと元NEWSの山下智久(30)に、楽曲提供後に不幸が訪れていたというもので、当サイトでも1月16日に取り上げたばかり。そのエピソードに今回、甘利大臣が加えられてしまったというわけだ。

 甘利大臣は昨年5月26日、記者会見でゲス極の楽曲「私以外私じゃないの」の替え歌を口ずさみながらマイナンバーカードをPR。「♪私以外私じゃないの~当たり前だけどね だから、マイナンバーカード!」と歌いながら報道陣にカードを示す姿がテレビに流れたのは記憶に新しいが、ネット上には<ゲスの歌をうたったばかりに…川谷の呪い凄すぎ>と驚く声や、<ゲスノート>と、「デスノート」を文字った書き込みなどがあふれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る