三十路前に猛反省…篠田麻里子が“自己批判”のオンパレード

公開日: 更新日:

 元AKB48の篠田麻里子(29)の雑誌インタビューが話題だ。28日発売のファッション誌「MORE」の3月号に掲載されたロングインタビューの内容が殊勝な発言のオンパレードなのだ。

 インタビューのタイトルは「20代最後のロングインタビュー」。3月11日で30歳になる篠田がこれまでの活動を振り返る内容で、写真を含め6ページにわたる大きな扱いだ。冒頭部分には「少し意地悪な質問をしてみたくなった」という聞き手の心情を表す一文。いきなり「“AKBの麻里子様”は、いわゆる、天狗、だったの?」とズバリ聞いている。

 答えづらい問いかけに、篠田は「でしょうね。やっぱり売れちゃったから(笑)」と回答。「なんでも誰でも思い通りに動くと思ってた」とも語り、天狗になっていたことを反省しているから興味深い。

 話題は、篠田が2013年2月に第1号店をオープンさせたファッションブランド「ricori」にも及んでいる。ブランドが1年あまりで終了してしまったことについて、「初めて、仕事って大変だと思った」と壁にぶち当たったことを告白。「無知すぎて」「勉強不足」と謙虚な言葉を並べ、「だから行き詰まるのはけっこう早かったんですよね」と原因の一端が自分にあることも認めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る