北川景子、佐々木希…なりすまし認定後も更新続く偽インスタの怪

公開日:  更新日:

 偽のSNSアカウントによる芸能人なりすまし問題が後を絶たない。所属事務所が否定しても堂々と更新を続け、芸能人本人の公式サイトやSNSから写真を拝借して掲載。一見、本物と区別がつかないのが特徴だ。

 女優の北川景子(29)をかたるインスタグラムは2日、北川の公式ブログに掲載されているものと同じ画像を複数枚アップ。公式サイトには、フェイスブック以外のSNSは存在しない旨が明記されているが、この偽インスタグラムには<これからも応援してます>などのコメントがいくつも寄せられており、勘違いしているファンが多いことが分かる。

 北川と同じ事務所の大政絢(25)もなりすましの被害に遭っている。大政は2月にインスタグラムを始めたが、偽アカウントはそれ以前から存在。やはり、本人の公式ブログから盗用したとみられる画像だらけで、直近の更新では大政がたい焼きを食べている写真を掲載するなどやりたい放題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る