中3少女誘拐事件と不気味な符合 映画「ルーム」の衝撃度

公開日: 更新日:

 2人を監禁する謎の男は、母子の求めに応じて生活物資を買い与え、自分も定期的に「部屋」で過ごす奇妙な共同生活を続けている。映画と実際の事件の類似点について、映画批評家の前田有一氏がこう語る。

「未成年の少女をさらって長期間監禁し、施錠しつつもかなり自由にモノを与えている点など、時期的に不気味なくらい現実との符合を感じますが、それも当然。原作者は日本の女子高生監禁事件など世界中の類似事件の内容を参考にしてこの話を作ったそうです。映画はまれにみる傑作で、後半の展開は予想できないし、朝霞の事件の後ではいろいろと考えさせられる結末も凄い。母親役のブリー・ラーソンは、長期監禁者を治療する専門家のもとでレクチャーをうけた迫真の役づくりで、演技面でも見ごたえ十分です」

 監禁された被害者の心理考察を主題にした映画、それもオスカー級の傑作。必見だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る