中3少女誘拐事件と不気味な符合 映画「ルーム」の衝撃度

公開日:  更新日:

 埼玉県朝霞市で15歳の少女を2年前に誘拐した寺内樺風容疑者。長期の監禁に加え、ときには少女を連れ歩くなど、その異様な犯行が次第に明らかに。ネットや書籍から入手した失踪者向けマニュアルを参考にして少女に偽装の手紙を書かせるなど、手口の周到さも際立っている。

 そんな中、日本公開されるアメリカ映画「ルーム」が、まるで事件をなぞったかのような衝撃的な内容だと話題になっている。

 エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を、原作者自身による脚本でアイルランドの映画監督レニー・アブラハムソンが映画化。世界中の映画賞で絶賛され、先日発表された米アカデミー賞でも4部門ノミネート、母親役ブリー・ラーソンが最優秀主演女優賞を受賞したばかりである。

 彼女が演じるのは、小さな部屋に5歳の息子とともに監禁されている若き母親。実はこの監禁生活は7年間にも及んでおり、つまり主人公はこの「部屋」で妊娠出産させられたことになる。映画は生まれて一度も「部屋」を出たことのない息子との脱出劇と、予想もつかぬその後の展開をスリリングに描く独創的なミステリーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る