中3少女誘拐事件と不気味な符合 映画「ルーム」の衝撃度

公開日:  更新日:

 埼玉県朝霞市で15歳の少女を2年前に誘拐した寺内樺風容疑者。長期の監禁に加え、ときには少女を連れ歩くなど、その異様な犯行が次第に明らかに。ネットや書籍から入手した失踪者向けマニュアルを参考にして少女に偽装の手紙を書かせるなど、手口の周到さも際立っている。

 そんな中、日本公開されるアメリカ映画「ルーム」が、まるで事件をなぞったかのような衝撃的な内容だと話題になっている。

 エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を、原作者自身による脚本でアイルランドの映画監督レニー・アブラハムソンが映画化。世界中の映画賞で絶賛され、先日発表された米アカデミー賞でも4部門ノミネート、母親役ブリー・ラーソンが最優秀主演女優賞を受賞したばかりである。

 彼女が演じるのは、小さな部屋に5歳の息子とともに監禁されている若き母親。実はこの監禁生活は7年間にも及んでおり、つまり主人公はこの「部屋」で妊娠出産させられたことになる。映画は生まれて一度も「部屋」を出たことのない息子との脱出劇と、予想もつかぬその後の展開をスリリングに描く独創的なミステリーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る