矢口CMめぐり激論 ラサール石井が提案「会って話そう」

公開日:  更新日:

 タレントの矢口真里(33)らが出演した日清カップヌードルのCMが放送中止となった一連の騒動。原因は視聴者からの苦情が殺到したことだが、芸能人たちからは放送中止に批判的な声も上がっている。中でも、タレントのラサール石井(60)が12日に行ったツイッター上でのやり取りが注目を集めている。

 CM放送が中止された8日、ラサールは「もうこんなことも笑いにできない国になったんだね。久し振りによくやったと思ったんだけどなあ。『笑って許す』余裕もないんだね」とツイート。世の中が息苦しくなったとするラサールの意見には、<久々にTV見て笑ったのに…><貴方の心の問題ではないでしょうか>などと賛否が寄せられた。

 12日になって、あるユーザーから<そもそも矢口叩きの発端はテレビのワイドショーなんだが、そっちには文句を付けないの?>という反論が。ラサールは「私は日清のCMを笑って許せないのかねとは言ったけど、(中略)不倫や矢口真里を笑って許せとは一言も言ってない」と応じ、「言いたいことがあるなら、会って話すから」と提案した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る