食リポ、短パン…勝俣州和が語る「生き残り30年」の極意

公開日: 更新日:

 生き馬の目を抜く芸能界で、かっちゃんの愛称で親しまれるタレントの勝俣州和(51)は息が長い。あるランキングでは生き残り芸能人ナンバーワンに輝いた。厳しい世界を生き抜く「極意」を聞いた。

 開口一番は、あの人物の名前だった。

「欽ちゃん。僕の場合は萩本欽一さんに出会えたことが物凄く大きいですね。タレントになりたいわけではなく、ただ根性がつくだろうと思って一世風靡に入り、欽ちゃんの番組のオーディションに受かったのが全ての始まり。人間として大事なことを学んだんです」

 熾烈な芸能界で生き残るために特別なことはしない。ただ、いつも心がけているのは「いただいた仕事に優劣をつけたりしないこと。深夜帯だろうが地方の番組だろうがスケジュールが合えばやる。1位になれた理由があるとしたら、そういうことなのかもしれません。若手の中には売れると、手のひら返しっていうのありますから」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る