松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

戯作者・松崎菊也が永六輔さんに捧げる「“永七輔”語録」

公開日: 更新日:

 永六輔さんラジオ語録。

「栗せんべい売っていた老夫婦を、厚生省が栗の入っていないせんべいの製造販売は不当表示になると規制をかけたのね。これとっっってもおかしいでしょ? じゃハトサブレには鳩が入ってんのか、メロンパンにメロンが入ってんのか」

 喝采。

 わたくしは同じTBSの夕方「荒川強啓デイ・キャッチ!」で、ときどき永七輔と名乗り、永さんの言いそうな世の中の重箱の隅をつついた。

「永七輔です。政治家がお金を集める算段には、3つあるのね。まず、献金。お金をお上に差し上げる。下々からお上へ差し上げたてまつるお金。だから政治家はエバって懐へ入れていいのね。最近このエバって懐に入れるお金が減ってきてます。

 逆に上から下へ、なけなしの税金から、つまんないことに使ったら承知しないからね、と払ってやってるのが政党助成金。政治家はぺこぺこして懐へ入れます。これを政治家はありがたがらないのね。ぺこぺこするのが嫌いだから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  10. 10

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

もっと見る