低視聴率の原因か 江口洋介“あんちゃん”キャラの大誤算

公開日: 更新日:

「家政婦のミタ」など大ヒットドラマを手がけた人気脚本家・遊川和彦氏のオリジナル脚本ということで、放映前から「最低2桁は確実」と下馬評が高かった「はじめまして、愛しています。」(テレビ朝日系)が、第3話で8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と早くも1桁視聴率に落ち込んだ。

 その“戦犯”と目されているのが江口洋介(48)だ。

 江口が演じるのは、主演の尾野真千子(34)の夫役で、底抜けに明るい不動産会社の営業マン。とにかく困っている人を見ると世話を焼かずにはいられないタイプ。困難な里親認定を続けるかと児童相談所の担当者に問われるシリアスな場面で、「OK牧場!」と寒いギャグを平然と飛ばしてしまうキャラを演じている。これが浮きまくっているのだ。

 20年以上前に大ヒットしたドラマ「ひとつ屋根の下」の“あんちゃん”を彷彿させるようなお人よしでハイテンションな役柄に、当初は期待する声が多かった。しかし、蓋を開けてみたら評判が悪すぎた。放送終了後のツイッターでも“江口のキャラが浮きまくっててイライラする”との感想が多かったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る