低視聴率の原因か 江口洋介“あんちゃん”キャラの大誤算

公開日:  更新日:

「家政婦のミタ」など大ヒットドラマを手がけた人気脚本家・遊川和彦氏のオリジナル脚本ということで、放映前から「最低2桁は確実」と下馬評が高かった「はじめまして、愛しています。」(テレビ朝日系)が、第3話で8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と早くも1桁視聴率に落ち込んだ。

 その“戦犯”と目されているのが江口洋介(48)だ。

 江口が演じるのは、主演の尾野真千子(34)の夫役で、底抜けに明るい不動産会社の営業マン。とにかく困っている人を見ると世話を焼かずにはいられないタイプ。困難な里親認定を続けるかと児童相談所の担当者に問われるシリアスな場面で、「OK牧場!」と寒いギャグを平然と飛ばしてしまうキャラを演じている。これが浮きまくっているのだ。

 20年以上前に大ヒットしたドラマ「ひとつ屋根の下」の“あんちゃん”を彷彿させるようなお人よしでハイテンションな役柄に、当初は期待する声が多かった。しかし、蓋を開けてみたら評判が悪すぎた。放送終了後のツイッターでも“江口のキャラが浮きまくっててイライラする”との感想が多かったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る