「アリス」も伸びず…ハリウッド夏の話題作“大ブレーキ”

公開日:  更新日:

 映画界はお盆興行真っただ中だが、すでに「勝負あった」状態。とくに目立つのが期待作の伸び悩み。「アリス・イン・ワンダーランド」と「インデペンデンス・デイ」の2本だ。

「アリス」の新作「時間の旅」は7日時点で興収が26億6000万円。並の作品ならヒットといっていいが、2010年の前作が118億円を叩き出しているから、落ち込みぶりがはなはだしい。

「インデペンデンス」の新作「リサージェンス」は同時点で25億円。1996年の前作が106億円で、「アリス」と似たり寄ったり。このままでは前作の半分の50億円もままならない。

「前作はともに100億円を超えた2本が今回は大幅にトーンダウン。最終的にはどちらも前作の3分の1程度になるのでは。ハリウッドの実写大作は新鮮さと驚きがなくなってきている」(興行関係者)

 猛烈に暑くなって、涼しい映画館に足を運ぶことを期待するしかない?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る