• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

不倫ラッシュは下半期も続く? 世間の関心度が高まる法則

 芸能ニュースの主役はいつの時代も男と女の話である。「熱愛、結婚、離婚」をベースに「破局、三角関係、不倫」まで、さまざまに男女の形は変化するから話は尽きない。今年はベッキーをきっかけに政界も含め前例がない「不倫」ラッシュが続いている。そのせいか、優香や妻夫木聡といった大物の結婚も不倫慣れした世間には刺激が少ないのか、少し盛り上がりに欠けた。

 不倫報道は週刊誌が発端でスポーツ紙、テレビが後追い。多角的な目線で報じることで関心度が増す。不倫は「幸福と不幸」が背中合わせ。ベッキーも不倫ピーク時は、「卒論(離婚)まで」などと“ゲスの極み乙女。”の川谷絵音との幸福そうなやりとりがLINEで伝わってきた。一方で妻は悩み苦しむ構図が生まれ、ワイドショーでは喧々囂々、井戸端会議で盛り上がる。

 情報番組担当者によれば、「女性に不倫ドラマが受けるように現実の不倫ネタを好む。当の男性と妻、不倫相手の女性の3人が芸能人だと、より関心も高くなる」という。実際、不倫話で欠かせない石田純一の場合も「役者の妻ですから」と寛容に対応しながら離婚を決断した松原千明。堂々と取材陣をかわしていた長谷川理恵と、三者三様の対応があったことで盛り上がりを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る