• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

不倫ラッシュは下半期も続く? 世間の関心度が高まる法則

 芸能ニュースの主役はいつの時代も男と女の話である。「熱愛、結婚、離婚」をベースに「破局、三角関係、不倫」まで、さまざまに男女の形は変化するから話は尽きない。今年はベッキーをきっかけに政界も含め前例がない「不倫」ラッシュが続いている。そのせいか、優香や妻夫木聡といった大物の結婚も不倫慣れした世間には刺激が少ないのか、少し盛り上がりに欠けた。

 不倫報道は週刊誌が発端でスポーツ紙、テレビが後追い。多角的な目線で報じることで関心度が増す。不倫は「幸福と不幸」が背中合わせ。ベッキーも不倫ピーク時は、「卒論(離婚)まで」などと“ゲスの極み乙女。”の川谷絵音との幸福そうなやりとりがLINEで伝わってきた。一方で妻は悩み苦しむ構図が生まれ、ワイドショーでは喧々囂々、井戸端会議で盛り上がる。

 情報番組担当者によれば、「女性に不倫ドラマが受けるように現実の不倫ネタを好む。当の男性と妻、不倫相手の女性の3人が芸能人だと、より関心も高くなる」という。実際、不倫話で欠かせない石田純一の場合も「役者の妻ですから」と寛容に対応しながら離婚を決断した松原千明。堂々と取材陣をかわしていた長谷川理恵と、三者三様の対応があったことで盛り上がりを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る