二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

不倫ラッシュは下半期も続く? 世間の関心度が高まる法則

公開日: 更新日:

 芸能ニュースの主役はいつの時代も男と女の話である。「熱愛、結婚、離婚」をベースに「破局、三角関係、不倫」まで、さまざまに男女の形は変化するから話は尽きない。今年はベッキーをきっかけに政界も含め前例がない「不倫」ラッシュが続いている。そのせいか、優香妻夫木聡といった大物の結婚も不倫慣れした世間には刺激が少ないのか、少し盛り上がりに欠けた。

 不倫報道は週刊誌が発端でスポーツ紙、テレビが後追い。多角的な目線で報じることで関心度が増す。不倫は「幸福と不幸」が背中合わせ。ベッキーも不倫ピーク時は、「卒論(離婚)まで」などと“ゲスの極み乙女。”の川谷絵音との幸福そうなやりとりがLINEで伝わってきた。一方で妻は悩み苦しむ構図が生まれ、ワイドショーでは喧々囂々、井戸端会議で盛り上がる。

 情報番組担当者によれば、「女性に不倫ドラマが受けるように現実の不倫ネタを好む。当の男性と妻、不倫相手の女性の3人が芸能人だと、より関心も高くなる」という。実際、不倫話で欠かせない石田純一の場合も「役者の妻ですから」と寛容に対応しながら離婚を決断した松原千明。堂々と取材陣をかわしていた長谷川理恵と、三者三様の対応があったことで盛り上がりを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る