野球評論家・川藤幸三さん語る 「19年現役は酒のおかげ」

公開日: 更新日:

 通称「浪速の春団治」。記憶に残る名代打として野球ファンを魅了した元阪神タイガースの川藤幸三さん(67)。球場を離れれば、球界屈指の酒豪として知られた――。

  ◇  ◇  ◇

 ワシは現役時代、「いい生活したい」思うて野球したこと、一回もないんや。「いい酒飲みたい」「いい遊びしたい」、それだけやった。

「いい酒」「いい遊び」とは何ぞや? っちゅうたらすなわち、「いい仕事する」ことや。

 いい仕事したら、酒もおいしいなるし、遊びも楽しい。両方がうまくいくように努力してこそプロ、こう思うて野球やっとった。

 入団したんは68年。当時は猛者ゆうか、個性的な先輩が多てな。入団してすぐある先輩に、「カワ、おまえ、何しに来たんや」って聞かれて、「野球しに来ました」ゆうたら「ドアホ!」ってえらい怒られた。「ええか。いい成績残したら、18、19のガキでも、芸者遊びできるのがこの世界や。伝書鳩みたいに、球場と寮や家の往復しとるだけやったら、プロに入った意味ないやろ」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る