野球評論家・川藤幸三さん語る 「19年現役は酒のおかげ」

公開日:  更新日:

 通称「浪速の春団治」。記憶に残る名代打として野球ファンを魅了した元阪神タイガースの川藤幸三さん(67)。球場を離れれば、球界屈指の酒豪として知られた――。

  ◇  ◇  ◇

 ワシは現役時代、「いい生活したい」思うて野球したこと、一回もないんや。「いい酒飲みたい」「いい遊びしたい」、それだけやった。

「いい酒」「いい遊び」とは何ぞや? っちゅうたらすなわち、「いい仕事する」ことや。

 いい仕事したら、酒もおいしいなるし、遊びも楽しい。両方がうまくいくように努力してこそプロ、こう思うて野球やっとった。

 入団したんは68年。当時は猛者ゆうか、個性的な先輩が多てな。入団してすぐある先輩に、「カワ、おまえ、何しに来たんや」って聞かれて、「野球しに来ました」ゆうたら「ドアホ!」ってえらい怒られた。「ええか。いい成績残したら、18、19のガキでも、芸者遊びできるのがこの世界や。伝書鳩みたいに、球場と寮や家の往復しとるだけやったら、プロに入った意味ないやろ」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る