• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球評論家・川藤幸三さん語る 「19年現役は酒のおかげ」

 通称「浪速の春団治」。記憶に残る名代打として野球ファンを魅了した元阪神タイガースの川藤幸三さん(67)。球場を離れれば、球界屈指の酒豪として知られた――。

  ◇  ◇  ◇

 ワシは現役時代、「いい生活したい」思うて野球したこと、一回もないんや。「いい酒飲みたい」「いい遊びしたい」、それだけやった。

「いい酒」「いい遊び」とは何ぞや? っちゅうたらすなわち、「いい仕事する」ことや。

 いい仕事したら、酒もおいしいなるし、遊びも楽しい。両方がうまくいくように努力してこそプロ、こう思うて野球やっとった。

 入団したんは68年。当時は猛者ゆうか、個性的な先輩が多てな。入団してすぐある先輩に、「カワ、おまえ、何しに来たんや」って聞かれて、「野球しに来ました」ゆうたら「ドアホ!」ってえらい怒られた。「ええか。いい成績残したら、18、19のガキでも、芸者遊びできるのがこの世界や。伝書鳩みたいに、球場と寮や家の往復しとるだけやったら、プロに入った意味ないやろ」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る