日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酒を通じ深まる絆 沢田知可子が驚いた“長岡式”の打ち上げ

 1990年にリリースされミリオンヒット、今も多くの歌手によって歌い継がれる名曲「会いたい」で知られる沢田知可子さん(53)。夫であるピアニストの小野澤篤氏とともに「魂の癒やしと絆」を目指す「歌セラピーライブ」を全国で展開中だ。「歌の旅芸人」を自称する沢田さんの歌と旅とお酒とは……。

  ◇  ◇  ◇

 2004年に起きた新潟県中越地震の翌年から毎年、長岡市で復興チャリティーコンサートをやらせていただいてます。

 今年8月には初めて、伝統ある大花火大会で長岡に伝わる「米百俵」の精神を表現した花火「米百俵花火・尺玉100連発」と、私が歌う「空を見上げてごらん」のコラボレーションが実現したんです。何十万人もの観客が見守る中、壮大な尺玉の打ち上げに合わせて歌うことができるなんて、もう大感動。紅白歌合戦に出た時以来の大きなご褒美でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事