• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大河と史実の違いは 「本当の真田丸」を歴史学者に聞いた

 今、世間は“昌幸ロス”一色とか。

 日曜に放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」で、主人公・真田信繁の父で知略に優れた武将・真田昌幸が死去し、昌幸ロスを嘆く声が続出しているという。

 これまでも、武田勝頼(平岳大)や秀吉(小日向文世)など、登場人物が死ぬたびにロス現象が起こった今回の大河。それだけ「真田丸」にはまっている人が多いということだが、ドラマに描かれているアレコレを「史実」と勘違いしてはいけない。

「父・昌幸と長男・信幸(信之)の史料はそこそこ残っているんですが、主人公で次男の信繁の史料はほとんど残っていません。ようやく記述に現れるのが関ケ原の合戦の頃。もし信繁の史実を集めても、どうでもいいような事実の羅列で一冊の本にもならないでしょうね。ですから親子関係や兄弟間、その他の人間関係がどうだったのかは不明なんです。ドラマで描かれている戦の勝敗は当然史実に沿っていますが、信繁に関しては創作部分が大きいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る