日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

橋本奈々未で話題 増える“浪花節的”アイドルのプロ意識

 弟の学費を稼ぐために――。そういって仕事に出る姉は、昭和の浪花節的なイメージだろうが、これ、人気アイドルグループ「乃木坂46」の橋本奈々未のことだ。バラエティー番組での引退発表で、貧しい家庭に育ち、弟の学費などを稼ぐためにアイドルになったこと、その弟が大学に入学し、母親に「無理しないで好きなことをしてください」と手紙を送られたことなどを語って、話題になっている。

 ファンならずとも「よくやった」とエールを送りたくなる話だが、同じような浪花節のエピソードを持つアイドルは少なくないという。アイドルライターの小野田衛氏が言う。

「アイドルにインタビューすると、イジメられっ子や不登校だったころの話がよく出てきます。そんなつらい経験から『見返してやる!』と強いハングリー精神を持ち、芸能界でのし上がるケースが増えているのです」

 その典型例が、でんぱ組.incの古川未鈴だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事