• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

橋本奈々未で話題 増える“浪花節的”アイドルのプロ意識

 弟の学費を稼ぐために――。そういって仕事に出る姉は、昭和の浪花節的なイメージだろうが、これ、人気アイドルグループ「乃木坂46」の橋本奈々未のことだ。バラエティー番組での引退発表で、貧しい家庭に育ち、弟の学費などを稼ぐためにアイドルになったこと、その弟が大学に入学し、母親に「無理しないで好きなことをしてください」と手紙を送られたことなどを語って、話題になっている。

 ファンならずとも「よくやった」とエールを送りたくなる話だが、同じような浪花節のエピソードを持つアイドルは少なくないという。アイドルライターの小野田衛氏が言う。

「アイドルにインタビューすると、イジメられっ子や不登校だったころの話がよく出てきます。そんなつらい経験から『見返してやる!』と強いハングリー精神を持ち、芸能界でのし上がるケースが増えているのです」

 その典型例が、でんぱ組.incの古川未鈴だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る