日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

女子高生が麻雀を…異色ドラマ「咲-Saki-」の見どころ

「咲-Saki-」(TBS系)は、小林立の麻雀漫画が原作のドラマだ。

 主人公の宮永咲(浜辺美波=写真)は、一見ごく普通のおとなしい女子高生だが、麻雀では誰にも負けない天才的な勝負勘と強運を発揮する。現在は高校の麻雀部に入ったばかり。それぞれ個性的な仲間たちと県大会、そして全国を目指すことになる。

 一つ目の見どころは、「四暗刻」「嶺上開花」といった役が飛び出す対戦場面だ。麻雀を知っている人はもちろん、知らない人でもつい見入ってしまう緊迫感と高揚感がある。しかも雀士はセーラー服の女子高生。このギャップが面白い。

 次に見るべき点は、麻雀という勝負を描くこのドラマが、出演者たちにとっても“勝負の場”になっていることだ。初主演の浜辺は「東宝シンデレラ」ニュージェネレーション賞の受賞者。麻雀部員にはSUPER☆GiRLSのメンバー・浅川梨奈、私立恵比寿中学の廣田あいか、元「ニコラ」専属モデルの古畑星夏らがいる。皆、ライバルだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事