民放の視聴率競争も熾烈 大晦日“紅白裏合戦”どこが勝つ?

公開日: 更新日:

 大晦日のテレビ番組として真っ先に思い浮かぶのは、NHK「紅白歌合戦」(19時15分~23時45分)だろう。一時に比べると低迷したとはいえ、視聴率40%前後をキープする人気ぶり。その裏で、民放各局はシ烈な視聴率争いを繰り広げている。

 民放キー局の今年のラインアップは表の通り。昨年は、日テレの「ガキ使」が視聴率17.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。“紅白裏合戦”で民放1位となったが、今年はどうか。テレビライターの上杉純也氏に聞いた。

「1位は、今年も『ガキ使』で確実でしょうが、コンテンツが強いわけではありません。3局が格闘技なので、格闘技に興味がない人の選択肢は『クイズ』か『ガキ使』の2択。そうなると、『ガキ使』の方が強いという消去法的な選択による勝利です。最近の視聴者はそんなに長く一つの番組を見続けないので、6時間のロングラン番組だとザッピングされるでしょうし、『ガキ使』そのものに飽きてきた視聴者もいるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る