日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

民放の視聴率競争も熾烈 大晦日“紅白裏合戦”どこが勝つ?

 大晦日のテレビ番組として真っ先に思い浮かぶのは、NHK「紅白歌合戦」(19時15分~23時45分)だろう。一時に比べると低迷したとはいえ、視聴率40%前後をキープする人気ぶり。その裏で、民放各局はシ烈な視聴率争いを繰り広げている。

 民放キー局の今年のラインアップは表の通り。昨年は、日テレの「ガキ使」が視聴率17.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。“紅白裏合戦”で民放1位となったが、今年はどうか。テレビライターの上杉純也氏に聞いた。

「1位は、今年も『ガキ使』で確実でしょうが、コンテンツが強いわけではありません。3局が格闘技なので、格闘技に興味がない人の選択肢は『クイズ』か『ガキ使』の2択。そうなると、『ガキ使』の方が強いという消去法的な選択による勝利です。最近の視聴者はそんなに長く一つの番組を見続けないので、6時間のロングラン番組だとザッピングされるでしょうし、『ガキ使』そのものに飽きてきた視聴者もいるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事