二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

「文春」に刺激されたメディア 今年の主流は直撃スタイル

公開日:

 スキャンダルが発覚した芸能人に対してメディアの取る方法は大きく分けて「会見」させるか「直撃」がある。

「淫行」疑惑が報じられた狩野英孝(34)は即座に会見で対応した。直撃ではボロが出る可能性もある事件。会見は賢明な選択だろう。それも報道から中1日おいての会見。事前に想定問答で「言っていいこと。いけないこと」を予習したことがうかがえた会見だった。寒中にもかかわらず大量の汗は緊張感を物語っていたが、どう言い訳しても謹慎は仕方なし。

 問題は今後――。「6股」ならネタにもできるが、淫行はダメージでしかない。狩野は芸人というよりタレント枠。“吉本”の芸人のように「舞台」という原点があれば舞台で復帰もあろうが、狩野はテレビに出てこその人。会見で囲んだ女性リポーター陣の語気の強い質問が「女性の敵」を如実に物語っていた。女性を敵にすればテレビ復帰は難しい。いさぎよく「引退」の選択肢もあると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る