日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

「文春」に刺激されたメディア 今年の主流は直撃スタイル

 スキャンダルが発覚した芸能人に対してメディアの取る方法は大きく分けて「会見」させるか「直撃」がある。

「淫行」疑惑が報じられた狩野英孝(34)は即座に会見で対応した。直撃ではボロが出る可能性もある事件。会見は賢明な選択だろう。それも報道から中1日おいての会見。事前に想定問答で「言っていいこと。いけないこと」を予習したことがうかがえた会見だった。寒中にもかかわらず大量の汗は緊張感を物語っていたが、どう言い訳しても謹慎は仕方なし。

 問題は今後――。「6股」ならネタにもできるが、淫行はダメージでしかない。狩野は芸人というよりタレント枠。“吉本”の芸人のように「舞台」という原点があれば舞台で復帰もあろうが、狩野はテレビに出てこその人。会見で囲んだ女性リポーター陣の語気の強い質問が「女性の敵」を如実に物語っていた。女性を敵にすればテレビ復帰は難しい。いさぎよく「引退」の選択肢もあると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事