日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球場で鍛えた神対応 “ビール売り子”ほのかにブレーク期待

 9日、渋谷109で行われた、メントスのイベントに登場したのは、ほのか(20)。昨年5月に「可愛すぎるビールの売り子」として芸能界デビュー。以来、グラビアやバラエティー番組などに引っ張りだこの注目株だ。

 ゲストとして一緒に登壇したパンサーは、尾形貴弘(39)が持ちネタに引っ掛けて、当日「サンキュー入籍」したばかり。残る独身メンバー向井慧(31)、菅良太郎(34)ならどちらが好き? と問われたほのかは「つき合うなら向井さん、結婚するなら菅さん!」と、元ビールの売り子ならではの神対応だった。作家でアイドル評論家の中森明夫氏がこういう。

「デビュー早々『週刊プレイボーイ』に登場し、目を引く笑顔が印象的でした。どのSNSを見ても笑顔で、本当に楽しそうで笑顔にムラがない。さらに、ビールの売り子で鍛えられた、野球を見ながらでもいいような、押しつけがましさのない愛らしさがある。疲れたオジサンたちが癒やしとノスタルジーを感じる数少ない女の子です。これだけ可愛くて神対応できたら目立つし、売れるのが当然。清水富美加さんがいなくなったり、女の子の枠は空いていますから、この春から期待できます」

 元ビールの売り子といえば、おのののかもグラビアやバラエティーで大人気。ほのかも若さと笑顔を武器に芸能界の階段を駆け上がることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事