広告価値は無限大 浅田真央が“オンナ松岡修造”になる日

公開日: 更新日:

 フィギュアスケート競技選手からの引退を表明した浅田真央(26)の今後に注目が集まる中、広告関係者からは「第2の修造を目指すのでは」との見方が上がっている。修造とは元プロテニス選手で、キャスターにタレント、CMキャラクターなどで人気の松岡修造(49)である。

「女優、歌手だってあり得る」と、先に引退したフィギュアスケート男子トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏が言えば、野球評論家の張本勲氏は「日本国民の中でこの人を嫌いな人はいないし、かわいいし、いい子」と言い、浅田の第二の船出にエールを送る。テレビ朝日の「報道ステーション」などからの出演オファーもあり、人気、知名度、好感度とも抜群の浅田の第二の人生は、国民的関心事になっているが、それが松岡と、どうつながるというのか。

■松岡修造は「日本の応援団長」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  3. 3

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  4. 4

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  5. 5

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  8. 8

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  9. 9

    白石麻衣「写真集37万部」の凄さ アイドルでは実質歴代2位

  10. 10

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る