脱北テーマ映画の監督が語る 国家に壊される庶民のリアル

公開日:

 映画「マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白」は、中国の貧しい農村へ嫁として売り飛ばされた北朝鮮の中年女性B(ベー=仮名)のドキュメンタリー。北に残してきた夫と息子を脱北させ、さらに自らも韓国へ亡命しソウルでの再会を試みる姿を韓国の新鋭ユン・ジェホ監督(37)のカメラが捉えた。

 ――監視社会の息苦しさ、恐怖がとてもリアルに映っているが、撮影して危険はなかったのですか。

「もちろんありました。車で撮影中、公安当局の車両がすぐ横を通ったことがあるのですが、こちらの車を止められて映像を検閲となれば、身柄を拘束されていた恐れがあります。止められなくて、本当に運が良かった。撮影でも目立った行動はできないので、スマホの動画撮影で行い、それでも危ないときは対象も見ないで、スマホだけ向けて撮っていました」

 ――脱北ブローカーのマダムBはどうやって身を守っていたのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る