脱北テーマ映画の監督が語る 国家に壊される庶民のリアル

公開日: 更新日:

 映画「マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白」は、中国の貧しい農村へ嫁として売り飛ばされた北朝鮮の中年女性B(ベー=仮名)のドキュメンタリー。北に残してきた夫と息子を脱北させ、さらに自らも韓国へ亡命しソウルでの再会を試みる姿を韓国の新鋭ユン・ジェホ監督(37)のカメラが捉えた。

 ――監視社会の息苦しさ、恐怖がとてもリアルに映っているが、撮影して危険はなかったのですか。

「もちろんありました。車で撮影中、公安当局の車両がすぐ横を通ったことがあるのですが、こちらの車を止められて映像を検閲となれば、身柄を拘束されていた恐れがあります。止められなくて、本当に運が良かった。撮影でも目立った行動はできないので、スマホの動画撮影で行い、それでも危ないときは対象も見ないで、スマホだけ向けて撮っていました」

 ――脱北ブローカーのマダムBはどうやって身を守っていたのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る