オモロー山下は芸能記者に 芸人から転身組の悲喜こもごも

公開日: 更新日:

 お笑い芸人のオモロー山下(48)が13日、芸人を引退し、芸能記者に転身することを発表した。芸人から記者というのはレアだが、転身組そのものは珍しくもない。

 山下が以前組んでいたお笑いコンビ、ジャリズム(2011年解散)の元相方で“世界のナベアツ”こと落語家の桂三度(47)も、一時は放送作家をやっていた。昨年7月に芸人を引退したマンボウやしろ(40)も、現在は演出家、脚本家として活動している。

 俳優で放送作家の堀部圭亮(51)も、かつてはお笑いコンビを組んでいたし、脚本家で漫画原作者の渡辺啓(41)だってそうだ。

 お笑いコンビ、ピテカンバブー(00年解散)の西田征史(42)なんて、昨年のNHK朝の連ドラ「とと姉ちゃん」や、映画「信長協奏曲」などを手掛ける売れっ子脚本家になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る