オモロー山下は芸能記者に 芸人から転身組の悲喜こもごも

公開日: 更新日:

 お笑い芸人のオモロー山下(48)が13日、芸人を引退し、芸能記者に転身することを発表した。芸人から記者というのはレアだが、転身組そのものは珍しくもない。

 山下が以前組んでいたお笑いコンビ、ジャリズム(2011年解散)の元相方で“世界のナベアツ”こと落語家の桂三度(47)も、一時は放送作家をやっていた。昨年7月に芸人を引退したマンボウやしろ(40)も、現在は演出家、脚本家として活動している。

 俳優で放送作家の堀部圭亮(51)も、かつてはお笑いコンビを組んでいたし、脚本家で漫画原作者の渡辺啓(41)だってそうだ。

 お笑いコンビ、ピテカンバブー(00年解散)の西田征史(42)なんて、昨年のNHK朝の連ドラ「とと姉ちゃん」や、映画「信長協奏曲」などを手掛ける売れっ子脚本家になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

もっと見る