• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

収録中に妊娠発覚 駆け出しの濱田マリ救った水田伸生氏の機転

 ひょうきんキャラでミュージシャン、女優、声優、そしてタレントと幅広く活躍中の濱田マリさん(48)。女優開眼のきっかけは、映画監督で日本テレビ役員の水田伸生さん(58)だ。

 ◇  ◇  ◇

「あの……私、妊娠しちゃったみたいなんです」

 1998年の初夏。川崎市郊外にある生田スタジオの一室で、日本テレビでドラマの演出を担当されていた水田伸生さんにこう切り出しました。その年の7月から9月まで放送されたホームコメディー「お熱いのがお好き?」がクランクインしてわずか10日ほど後のこと。私は96年に結婚してたんです。

 番組関係者に迷惑をかけてはいけないと思ってまず報告したのが水田さんでした。するとお祝いの言葉をいただいた後に「詩子さんには文左衛門さんの赤ちゃんを身ごもるストーリーにしていきたい」と思いがけない言葉が返ってきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る