碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

綾野剛ドラマ「コウノドリ」を下支えする吉田羊の存在感

公開日:

 今期の綾野剛主演「コウノドリ」は第2シーズンだ。しかし主人公の鴻鳥サクラ(綾野)が、患者の気持ちに寄り添いながら出産をサポートしていく、心優しい産科医であることは変わらない。

 鴻鳥の信条は「妊娠は病気じゃない。でもお産に絶対はない」。確かに妊娠・出産は病気ではないが、リスクを伴うことも事実だ。たとえば第5話ではIUFD(子宮内胎児死亡)というつらいエピソードが描かれ、第6話では切迫早産で入院していた若い妊婦(福田麻由子)が、甲状腺クリーゼで命を落とした。

 実際、死産の4分の1は原因不明だという。産科専門医にもわからないことはあるし、出来ないことも多い。鴻鳥たちはその現実を真摯に受け止め、何が出来るのかを徹底的に考えていく。

 しかも一人のスーパードクターの活躍ではなく、「チーム」としての取り組みを描いていることがこのドラマの特徴だ。特に助産師の小松留美子(吉田羊)の存在は大きい。視聴者は、異なる職種のメディカルスタッフが対等の立場で連携して、治療やケアと向き合う「チーム医療」の現場を垣間見ることができる。

 先週、小松が「卵巣チョコレート嚢胞」という病気で子宮摘出手術を受けた。「母にならない選択」をした女性の気持ちに、ドラマ自体が丁寧に寄り添っていることに、あらためて感心した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る