小原玲
著者のコラム一覧
小原玲動物写真家

1961年、東京生まれ。茨城大学人文学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンを経て、フリーランスの報道写真家として活動。アザラシの赤ちゃんとの出合いを機に動物写真家に転身。新著は北海道でのみ生息し、雪の妖精とも呼ばれる体長14センチの小さな鳥「シマエナガ」を追いかけた写真集「シマエナガちゃん」(講談社ビーシー)。

シマエナガ張り込み中に5万円の防寒服をスマホでポチッと

公開日:

 体長14センチの日本一小さな鳥、北海道に生息するシマエナガを収めた写真集「もっとシマエナガちゃん」(講談社ビーシー/講談社)の著者である小原玲氏(56)。シマエナガ本ブームの火付け役だが、撮影スキル以上に必要不可欠なことがある。

 一年の半分近くは北海道や九州へ飛び回る日々。1回の取材費用を尋ねると、「精算やお金の計算が苦手で把握していない」と苦笑いするが、レンタカー代5000円、宿泊代5000円、食費3000円とざっと見積もって1日にかかる費用は1万3000円。飛行機代往復4万円、高速代で1万円などを合算すると、「20日間の取材で30万円は超えてますね。あちゃあ……」。

 商売道具であるカメラ機材は、比較的安価なミラーレスのものを使用。メーカーのサポートもある分、恵まれているというが、氷点下20度の極寒の中での“張り込み”だ。防寒着やスノーシュー(雪上歩行具)など必要経費はかさむ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る