夏は地獄 「わらふぢなるお」が語る“生き物たち”との格闘

公開日:

「キングオブコント2017」(TBS系)で決勝に残った、期待のお笑いコンビ「わらふぢなるお」。2人ともボロいアパートで生き物絡みの貧乏体験をして……。

 ◇  ◇  ◇

なるお(写真左) 中野区で3万5000円のアパートに住んでましたが、僕以外が全員おじーちゃんか、おばーちゃんでした。隣のおじーちゃんが変わった人で、僕の部屋に入ろうとしてたことがあった。反対隣のおじーちゃんが発見して止めてくれたらしい。

 部屋から引っ越す時には階下のおばーちゃんから手紙もらって。達筆な字で「寂しい」「お近づきになりたい」とか書かれたラブレター! 不動産屋さんから電話がきて「××号室の○○さんから、あなたの連絡先を教えてほしいと言われて」と(笑い)。「絶対に教えないで!」と言いました。

ふぢわら(同右) 僕の住んでた家賃4万円のアパートはとにかく古くて。電力会社の人が修理にきた時、「こんな古いブレーカー初めて見ました」と驚いたくらい。昭和50年代初頭にできた建物かも。冬は寒くてアルミホイルを床冷えしないように敷布団の下に敷いてみたんです。断熱効果があるから。ぜんぜん効果なかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る