夏は地獄 「わらふぢなるお」が語る“生き物たち”との格闘

公開日:

「キングオブコント2017」(TBS系)で決勝に残った、期待のお笑いコンビ「わらふぢなるお」。2人ともボロいアパートで生き物絡みの貧乏体験をして……。

 ◇  ◇  ◇

なるお(写真左) 中野区で3万5000円のアパートに住んでましたが、僕以外が全員おじーちゃんか、おばーちゃんでした。隣のおじーちゃんが変わった人で、僕の部屋に入ろうとしてたことがあった。反対隣のおじーちゃんが発見して止めてくれたらしい。

 部屋から引っ越す時には階下のおばーちゃんから手紙もらって。達筆な字で「寂しい」「お近づきになりたい」とか書かれたラブレター! 不動産屋さんから電話がきて「××号室の○○さんから、あなたの連絡先を教えてほしいと言われて」と(笑い)。「絶対に教えないで!」と言いました。

ふぢわら(同右) 僕の住んでた家賃4万円のアパートはとにかく古くて。電力会社の人が修理にきた時、「こんな古いブレーカー初めて見ました」と驚いたくらい。昭和50年代初頭にできた建物かも。冬は寒くてアルミホイルを床冷えしないように敷布団の下に敷いてみたんです。断熱効果があるから。ぜんぜん効果なかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る