城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

自らが作品 引退宣言した田村正和との懇親会での思い出

公開日: 更新日:

 永遠の二枚目俳優、田村正和(74)の引退が写真誌で大きく報じられた。

 本人が引退の意向を一部の人に漏らしたというので、写真誌が本人に確認しに行ったところ、彼自身が認めたというのだ。今年2月、主演のスペシャルドラマを試写で見て、「これはもうアカンなという感覚」で辞めてもいいかなと思ったそうだ。

 僕は、まだ駆け出しのスポーツ紙記者の頃、ドラマの出演者とマスコミの懇親会で彼と同席したことがある。田村、大原麗子、藤竜也、浅野温子という豪華な役者陣との食事会ということで、若造だった僕は緊張したものだった。

 会は始まったのだが、田村は遅れてやって来て、あの低音の声で「どうも」とひとこと。大原麗子が料理を取り分けて田村の前に置くと、「ありがとう」のひとことだけ。しばらくして「ちょっと、すみません」と席をはずした。僕もトイレに立ったのだが、その時に彼の姿が目に飛び込んできた。目立たないカウンターの隅で、急ぎ気味にしゃぶしゃぶを口に運んでいたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る