城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

自らが作品 引退宣言した田村正和との懇親会での思い出

公開日:

 永遠の二枚目俳優、田村正和(74)の引退が写真誌で大きく報じられた。

 本人が引退の意向を一部の人に漏らしたというので、写真誌が本人に確認しに行ったところ、彼自身が認めたというのだ。今年2月、主演のスペシャルドラマを試写で見て、「これはもうアカンなという感覚」で辞めてもいいかなと思ったそうだ。

 僕は、まだ駆け出しのスポーツ紙記者の頃、ドラマの出演者とマスコミの懇親会で彼と同席したことがある。田村、大原麗子、藤竜也、浅野温子という豪華な役者陣との食事会ということで、若造だった僕は緊張したものだった。

 会は始まったのだが、田村は遅れてやって来て、あの低音の声で「どうも」とひとこと。大原麗子が料理を取り分けて田村の前に置くと、「ありがとう」のひとことだけ。しばらくして「ちょっと、すみません」と席をはずした。僕もトイレに立ったのだが、その時に彼の姿が目に飛び込んできた。目立たないカウンターの隅で、急ぎ気味にしゃぶしゃぶを口に運んでいたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る