元SMAPに続き「B’z展」盛況 有楽町が大人ファンの聖地に

公開日: 更新日:

 ロックミュージシャンのB’zが結成30周年を記念し、東京・有楽町のインフォスで「B’z 30TH Year Exhibition “SCENES” 1988―2018」を開催し、話題になっている。

 30年の軌跡をたどるビジュアルや愛用ギターなどの展示を2期に分けて展示(前期は6日で終了、後期は11日~6月15日)、本人たちの音声ガイダンスなど松本孝弘(57)、稲葉浩志(53)両人の思い入れの詰まったイベントになっている。

 コラボグッズは約70アイテム、中でも、楽曲やB’zの歴史を盛り込んだ「B’z人生ゲーム(6800円)」が人気。アラサーのサラリーマンが大きなゲーム盤を持ち歩く姿が有楽町、銀座界隈で見かけられ、ファン層の幅広さを示している。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「彼らの魅力は、普遍性の高い音楽性とビジュアルです。メロディーラインと声質は老若男女問わず心をつかむものがあり、また稲葉さんの年齢を感じさせないルックスは男性アーティストの中でも最高峰。同世代の憧れであり、年齢を感じさせないからこそ若者が音楽性に共感しているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る