元SMAPに続き「B’z展」盛況 有楽町が大人ファンの聖地に

公開日:

 ロックミュージシャンのB’zが結成30周年を記念し、東京・有楽町のインフォスで「B’z 30TH Year Exhibition “SCENES” 1988―2018」を開催し、話題になっている。

 30年の軌跡をたどるビジュアルや愛用ギターなどの展示を2期に分けて展示(前期は6日で終了、後期は11日~6月15日)、本人たちの音声ガイダンスなど松本孝弘(57)、稲葉浩志(53)両人の思い入れの詰まったイベントになっている。

 コラボグッズは約70アイテム、中でも、楽曲やB’zの歴史を盛り込んだ「B’z人生ゲーム(6800円)」が人気。アラサーのサラリーマンが大きなゲーム盤を持ち歩く姿が有楽町、銀座界隈で見かけられ、ファン層の幅広さを示している。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「彼らの魅力は、普遍性の高い音楽性とビジュアルです。メロディーラインと声質は老若男女問わず心をつかむものがあり、また稲葉さんの年齢を感じさせないルックスは男性アーティストの中でも最高峰。同世代の憧れであり、年齢を感じさせないからこそ若者が音楽性に共感しているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る