元SMAPに続き「B’z展」盛況 有楽町が大人ファンの聖地に

公開日:

 ロックミュージシャンのB’zが結成30周年を記念し、東京・有楽町のインフォスで「B’z 30TH Year Exhibition “SCENES” 1988―2018」を開催し、話題になっている。

 30年の軌跡をたどるビジュアルや愛用ギターなどの展示を2期に分けて展示(前期は6日で終了、後期は11日~6月15日)、本人たちの音声ガイダンスなど松本孝弘(57)、稲葉浩志(53)両人の思い入れの詰まったイベントになっている。

 コラボグッズは約70アイテム、中でも、楽曲やB’zの歴史を盛り込んだ「B’z人生ゲーム(6800円)」が人気。アラサーのサラリーマンが大きなゲーム盤を持ち歩く姿が有楽町、銀座界隈で見かけられ、ファン層の幅広さを示している。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「彼らの魅力は、普遍性の高い音楽性とビジュアルです。メロディーラインと声質は老若男女問わず心をつかむものがあり、また稲葉さんの年齢を感じさせないルックスは男性アーティストの中でも最高峰。同世代の憧れであり、年齢を感じさせないからこそ若者が音楽性に共感しているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る