石川敏男さん<1>中村勘九郎と吉沢京子の交際をデッチ上げ

公開日: 更新日:

「入社したのは、1966年。でも、当時はすでに映画は斜陽産業と呼ばれていて、月給は手取りで2万円もありませんでした。一般的な大卒初任給が2万5000円くらいの時ですから平均的な部類とはいえ、柏市の実家から通っていたから何とかなったようなもの。まあ、毎晩のように先輩に飲みに連れて行ってもらって、トリスしか知らなかった僕がオールドにありつけたから、そのへんはうれしかった。ただ、酔っぱらって電車を乗り過ごしてしまうと、そこはもう取手駅……。タクシー代は会社から出ませんでしたから、あれは痛かったなぁ~」

 当時、親しくしていたのが、5代目の中村勘九郎(後の18代目勘三郎=2012年死去)だ。

「映画会社の宣伝手法のひとつに、『共演の男女が交際している』とマスコミに流し、注目を集めるやり方があります。71年公開の『幻の殺意』という映画では、共演の勘九郎さんと吉沢京子さんが『いい仲だ』という記事が女性セブンに載った。何を隠そう、記事を書いたのはこの僕です、ハハハ。これがひょうたんから駒で、本当に2人がいい仲になったから驚きましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  4. 4

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  8. 8

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る