生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

公開日: 更新日:

 女優の生田悦子さんが今週15日、虚血性心不全のため、都内の病院で亡くなっていたことがわかった。71歳だった。

 1963年、準ミス平凡に選ばれてモデルとして活動を開始し、3年後に松竹へ入社。映画「命果てる日まで」(66年)で銀幕デビューを飾って以降、多くの映画やテレビドラマで活躍してきた。

 女優業に加え、バラエティーでの活躍も目覚ましかった。80年代前半に出演した「欽ドン!良い子悪い子普通の子」では“良いOLのヨシ山”として、お茶の間の人気者に。私生活では05年に会社経営者と結婚。40代で更年期うつを発症したことを明かしていた。近年は第一線から遠ざかっており、15年に出演したNHKの番組では発症後、せりふ覚えが困難だったことを明かしていた。

 松竹時代の仲間で、45年来の親交がある芸能リポーターの石川敏男さんはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る