五輪関連イベントで抜群の指名率 平井理央アナ独走のウラ

公開日:

 開催まで2年を切り、マスコットの名前が決まったり、各競技の日程や入場券の概要が発表されるなど動きが活発化している2020年東京五輪・パラリンピック。20日にはIDチケット申し込み事前登録開始イベントが行われ、元日本代表体操選手の田中理恵(31)や世界選手権400メートルリレー銅メダリストの藤光謙司(32)らが出席し、広く周知を呼びかけたのだった。

 そんな中、同イベントで司会を務めたフリーアナウンサーの平井理央(35)に注目が集まっている。「前回のリオあたりから、五輪関連イベントのMCとして引っ張りダコ」(民放キー局関係者)という業界評どおり、この日もニッコリと笑顔を絶やさず、抜群の安定感で場を回してみせた。

 群雄割拠のフリーアナウンサー業界で一体、なぜ平井ばかりが五輪関連に起用されるのか。イベントを主催した公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下TOCOG)に聞いてみると、「これまでスポーツ現場でのリポート経験も豊富であり、スポーツへの造詣も深いことから今回司会をお願いすることと致しました」(戦略広報課)とのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る