五輪関連イベントで抜群の指名率 平井理央アナ独走のウラ

公開日:

 開催まで2年を切り、マスコットの名前が決まったり、各競技の日程や入場券の概要が発表されるなど動きが活発化している2020年東京五輪・パラリンピック。20日にはIDチケット申し込み事前登録開始イベントが行われ、元日本代表体操選手の田中理恵(31)や世界選手権400メートルリレー銅メダリストの藤光謙司(32)らが出席し、広く周知を呼びかけたのだった。

 そんな中、同イベントで司会を務めたフリーアナウンサーの平井理央(35)に注目が集まっている。「前回のリオあたりから、五輪関連イベントのMCとして引っ張りダコ」(民放キー局関係者)という業界評どおり、この日もニッコリと笑顔を絶やさず、抜群の安定感で場を回してみせた。

 群雄割拠のフリーアナウンサー業界で一体、なぜ平井ばかりが五輪関連に起用されるのか。イベントを主催した公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下TOCOG)に聞いてみると、「これまでスポーツ現場でのリポート経験も豊富であり、スポーツへの造詣も深いことから今回司会をお願いすることと致しました」(戦略広報課)とのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る