井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

公務でもワインの1、2杯くらいいいだろ。バルセロナだぞ

公開日:

「映画屋殺すのに刃物は要らぬ。雨の三日も降ればいい」は昔のぜいたくな時代の話。今は雨でも嵐でもロケは休めない。先日、千葉にある風変わりなラブホで表が殴り雨で撮れないので、じゃ部屋の中から攻めるかと、くんずほぐれつのカラミを久しぶりに撮った。女優が半裸で色っぽいことをする(例えば、馬乗りになってキスを迫ったり、オッパイを揉まれたりする)。こんな仕事ができて、つくづく良かったよ。

 でも、先日、新聞でバカなニュースを読んで、呆れてひっくり返った。日本の公務員はいつまでこんな窮屈なことに縛られているのか。やっぱり、日本人は世界に永遠になじめない特別な種族たちかと思った。それは北九州市議会が旅先でやったせいで考え直したという陳腐なニュースだ。その市議会は、「今後、議員が国内外で視察する際、日中は飲酒を禁止する」と改めて通知したという。海外出張で昼間から酒を飲んで金髪女を口説き、しっぱたかれて運河に落ちて、レスキュー隊でも出動したかと思って読んでたら、何のこともない。余計に呆れてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る