夫炎上で“時の妻”に 福田萌が持論「いい男とは」の中身

公開日: 更新日:

 家庭の育児の方針を巡り、衆目を集めることとなったタレントの福田萌(33)。といっても、自分でタネをまいたのではない。夫であるオリエンタルラジオ中田敦彦(36)が、突然、育児サイトのコラムで「良い夫やめる」と炎上上等とばかりに宣言をしたもんだから、その火の粉が降りかかったわけだ。

 同コラムでは妻のキレ方についてもセリフ仕立てでリアルに再現されたため、福田に対する同情論も上がっている。そんな“時の妻”が、母校である横浜国立大学の学園祭にゲスト出演するとあって、日刊ゲンダイ記者は現場に急行した。

 横浜市保土ケ谷区にあるキャンパスは、最寄り駅から徒歩20分。急な坂道を上ると都心のど真ん中にあるような大学とは一線を画す木々に囲まれた美しいキャンパスが現れた。

 3日に行われた〈横国に福田萌が帰ってくる! ここでしか聞けないトークショー〉は構内の野外音楽堂で開催され、「横浜といえば、オーシャンビューと思っていた。ここは横浜じゃない、横山じゃん」と、岩手から上京したての頃の初々しい感想を懐かしむように明かしたのだった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ