夫炎上で“時の妻”に 福田萌が持論「いい男とは」の中身

公開日:

 家庭の育児の方針を巡り、衆目を集めることとなったタレントの福田萌(33)。といっても、自分でタネをまいたのではない。夫であるオリエンタルラジオの中田敦彦(36)が、突然、育児サイトのコラムで「良い夫やめる」と炎上上等とばかりに宣言をしたもんだから、その火の粉が降りかかったわけだ。

 同コラムでは妻のキレ方についてもセリフ仕立てでリアルに再現されたため、福田に対する同情論も上がっている。そんな“時の妻”が、母校である横浜国立大学の学園祭にゲスト出演するとあって、日刊ゲンダイ記者は現場に急行した。

 横浜市保土ケ谷区にあるキャンパスは、最寄り駅から徒歩20分。急な坂道を上ると都心のど真ん中にあるような大学とは一線を画す木々に囲まれた美しいキャンパスが現れた。

 3日に行われた〈横国に福田萌が帰ってくる! ここでしか聞けないトークショー〉は構内の野外音楽堂で開催され、「横浜といえば、オーシャンビューと思っていた。ここは横浜じゃない、横山じゃん」と、岩手から上京したての頃の初々しい感想を懐かしむように明かしたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る