碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

小野莉奈&吉田羊が好演「中学聖日記」支える“裏ヒロイン”

公開日:

 有村架純主演「中学聖日記」(TBS系)が、ようやく落ち着いて見られる内容になってきた。物語が「3年後」へと移ったからだ。

 何しろ、これまでは設定にやや無理があった上に、「禁断の恋」だ、「純愛」だと宣伝した分、「淫行か?」などと予想以上の反発をくらった。結局、ヒロインの聖(有村)は中学校を辞め、生徒の晶(岡田健史)とも、また婚約者だった勝太郎(町田啓太)とも離れることになった。

 そして3年後、聖は小学校の先生になっている。このあたり、なかなかしぶとい。さっそく聖に思いを寄せる若手教師(渡辺大)がいたり、勝太郎が現れたりと大忙しの聖。だが、町で高校3年生になった晶を見て逃げ出してしまう。うーん、まだ気持ちがあるわけだ。

 それにしても聖という女性は自分の意思があまりないのか、恋愛における“受け身体質”は相当なものだ。それがさまざまなトラブルの遠因となっている。まあ、そういうヒロインのドラマだと思うしかないのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る