三浦春馬、米倉涼子も好評 いまミュージカルが人気のワケ

公開日:

「歌声が素晴らしい」「見応えがあった」「劇場に行ってみたい」……12月5日放送の「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)で称賛の声が多かったのが、“ミュージカルメドレー”だ。

 来年4月と5月に上演されるミュージカル「キンキーブーツ」の出演者として生歌を披露した俳優の三浦春馬(28)は、その夜のトレンドワードの1位に。

 ひと昔前までは「コアなファンのもの」と見られがちだったミュージカルだが、日本の文化に馴染みつつあるようだ。

「かつては、役者陣に『ミュージカルの世界の人』『テレビドラマの人』というはっきりとした垣根がありましたが、最近それがなくなりつつあります」と、ミュージカル鑑賞歴約40年、著書に「男たちの宝塚」がある映画・演劇ライターの辻則彦氏がこう続ける。

「ここ数年、ミュージカル界のスターたちが他ジャンルでも活躍して話題になっています。たとえば浦井健治さん、山崎育三郎さん、井上芳雄さん。彼らは『ミュージカル界のプリンス』と呼ばれる人気者になってから、テレビ界に進出するようになった。元劇団四季の石丸幹二さんもそうですよね。一方で、三浦春馬さんや小池徹平さん、米倉涼子さんや長澤まさみさんら、すでに映像の世界で知名度がある人が積極的にミュージカルに出演するように。この交ざり具合も、新たなファンを劇場に呼ぶきっかけとなったといえるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る