難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

公開日:

 4月期に放送された連ドラ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で、主演の田中圭が演じる主人公に思いを寄せる同僚・牧凌太役を演じて大ブレークした林遣都(28)。放送終了後には「牧ロス」を嘆くファンが続出したほど人気が急騰した。

 8月には日本テレビ系「24時間テレビ」中の単発ドラマで赤塚不二夫役を好演し、「24時間テレビのドラマでは出色のデキ」という高評価に貢献。さらに、米倉涼子主演ドラマ「リーガルV」(テレ朝系)では、ヘタレな弁護士役を好演して、さらにその人気に拍車をかけている。いずれの役柄でも「忠犬」をイメージする愛称、「チワワ」「ポチ」と呼ばれ、完全な“ペットキャラ”として人気が定着してしまった。

「『おっさんずラブ』で重要な役柄に抜擢された理由は、これまでずっと複雑な心理描写が求められる難役を演じて評価されたから。同性愛者の心の葛藤を言葉少なに表現できると期待されたわけです。『リーガルV』で準主役に抜擢されたのも当然といえば当然」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る