ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

金属バットの“ヘラヘラ感”はブレークする芸人に共通する

公開日: 更新日:

 面白いお笑いコンビには、ひとつの共通点がある。それは「ヘラヘラしている」ということだ。ネタを演じる前から、何かしゃべり始める前から、何となく雰囲気がふざけていて、薄笑いを浮かべているような感じがある。

 私がこれまでに見てきた限りでは、この「ヘラヘラ感」がある芸人は強い。例えば、若手の頃のダウンタウンにはその雰囲気があった。また、最近メジャーシーンに躍り出た千鳥にも最初からそういう感じがあった。さらに言えば、芸人ではないが電気グルーヴのピエール瀧と石野卓球もかつて深夜ラジオでこういうノリを見せていた。

 ヘラヘラしている芸人は、自分たちの間だけで通じる笑いの感覚をすでに持っている。そして、それを人前で隠そうともしない圧倒的な自信がある。それがタレントとして魅力的に見えるのである。

 昨今の若手芸人の中でこの「ヘラヘラ感」を最も強く感じるのが金属バットである。昨年末の「M―1」(テレビ朝日系)で準決勝に進み、お笑いファンの間でじわじわと人気が上昇している。女優の黒木華やタレントのホラン千秋も彼らの大ファンであることを公言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る