二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

お笑い界はチーム力の吉本vs個人力の東京芸人で乱戦模様

公開日: 更新日:

「バラエティー番組の司会を取るかが事務所間の争い。司会者がいれば、ひな壇に後輩が優先的に座れる。それを縦横無尽にできるのが吉本。しかも次世代の芸人が関西ローカルで鍛えられ常にスタンバイ。他の事務所は束になってもかなわない」(在阪・テレビ関係者)

■サンドウィッチマン人気が旋風

 今の勢いなら東京の番組制覇も現実味を帯びるが、たけしに継ぐ芸人が立ちはだかる。1950年創設の老舗芸能プロ「マセキ芸能」に所属するウッチャンナンチャンの内村光良。創設9年目の新興勢力「グレープカンパニー」所属の人気漫才コンビ・サンドウィッチマンの人気が旋風を起こしている。

「マセキは戦前からあった講談演芸の事務所で浅草の演芸場を中心に活動。現役最古参の漫才師・内海桂子師匠が今も在籍していますが、2000年代に入ると漫才師に加えピン芸人も育成。出川も所属。実力派漫才のナイツもいる。吉本とは違った色合いの芸人をつくり、今、伸び盛りの事務所です」(演芸関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る