テレ朝“芸能人格付けチェック”の躍進で露呈したフジの凋落

公開日: 更新日:

「芸能人格付けチェック」(1999年~、テレビ朝日系)

 国民的テレビ番組にまでなった「芸能人格付けチェック」。もともと「人気者で行こう!」(テレビ朝日系)の1コーナーだった。司会は浜田雅功と伊東四朗。「ダウンタウンの笑ってはいけない」「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」と並び、お正月3大ヒット番組に定着した感がある。

「格付けチェックといえば、高いものと安いものの二者択一という非常にシンプルな“当てっこ”ゲームです。しかしこの単純なゲームに、芸能人としての格やプライドや判断力などが絡んでくると、人間性むき出しの真剣勝負となります。人間誰しも笑われたくはないものですからね」

 芸能人が自分なりに苦労や経験を積んで、自分の価値基準や美意識を築いてきた結果が答えとして表れる。

「それがもろくも崩れ去り、笑いものにされるさまを、テレビで全国放送されてしまうのですよ、お正月早々に。え、こんなことも知らないの? こんなマナーも知らないの? などと思われないよう、出ている芸能人のみなさん必死です。“格付け”は、単純にして非常によくできたソフトです。バイオリン、ビオラ、チェロ、総額数十億円の三重奏と、総額20万~30万円の入門用の楽器の三重奏。いくら何でもそんなに値段が違うのならば、音も違うだろう。と思って聞いてみると、これがびっくりで、一流のプロが演奏するとどちらか分からなくなるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る