元SKE48センター柴田阿弥 局アナより“フリー”で光る安定感

公開日: 更新日:

 アイドルから局アナではなくフリーアナの道を選んだのが、元SKE48の柴田阿弥アナ(25)。

 近年、アイドルから局アナに転身するケースが増えているが、その先駆けと言えるのが、元おはガールの平井理央アナ(元フジ)。入社前は賛否両論あったものの、適応力の高さを見せ、フジの主力アナとして活躍した。知名度で群を抜いていたのは、元モーニング娘。の紺野あさ美アナ(元テレ東)。彼女に対する周囲の期待は高かったが、女子アナとしては輝くことができず、最終的にはプロ野球選手と結婚しフェードアウト。

 現役アナでは、今をときめく乃木坂46から、第1期メンバーの市來玲奈アナ(日テレ)のほか、今春テレ朝に入社予定の新卒者が名を連ねる。

 局としては、少しでも彼女たちの経歴を利用したいのが本音のはずだが、現実はそう甘くない。むしろ批判を浴びるケースも少なくない。しかし、柴田アナの場合は、それは心配なさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る