元SKE48センター柴田阿弥 局アナより“フリー”で光る安定感

公開日: 更新日:

 アイドルから局アナではなくフリーアナの道を選んだのが、元SKE48の柴田阿弥アナ(25)。

 近年、アイドルから局アナに転身するケースが増えているが、その先駆けと言えるのが、元おはガールの平井理央アナ(元フジ)。入社前は賛否両論あったものの、適応力の高さを見せ、フジの主力アナとして活躍した。知名度で群を抜いていたのは、元モーニング娘。紺野あさ美アナ(元テレ東)。彼女に対する周囲の期待は高かったが、女子アナとしては輝くことができず、最終的にはプロ野球選手と結婚しフェードアウト。

 現役アナでは、今をときめく乃木坂46から、第1期メンバーの市來玲奈アナ(日テレ)のほか、今春テレ朝に入社予定の新卒者が名を連ねる。

 局としては、少しでも彼女たちの経歴を利用したいのが本音のはずだが、現実はそう甘くない。むしろ批判を浴びるケースも少なくない。しかし、柴田アナの場合は、それは心配なさそうだ。

 愛知県名古屋市出身の柴田アナは、17歳のときに「SKE48第4期生オーディション」に合格。名門私立校に通っていたため、学校から活動休止を命じられたこともあったが、卒業後に活動再開。内部進学した地元の金城学院大生活環境学部に通いながら、アイドルとの二足のわらじを履くことに。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に